柿谷曜一朗は決定機を決められず途中交代、チーム逆転負けで首位陥落

10月4日、スイス・スーパーリーグ第11節、バーゼルはアウェイでザンクト・ガレンと対戦。

柿谷曜一朗は、リーグ戦3試合目の先発出場。

アディショナルタイム1分、エンボロのシュートがゴールキーパーに弾かれ、こぼれ球を柿谷曜一朗がダイレクトで狙うも、ブロックされゴールならず。

後半5、柿谷曜一朗は途中交代。同10分、カラが右足で押し込み、バーゼル先制。

ところが、同39分、アディショナルタイムに連続失点で逆転負けを喫し、首位陥落。

7勝3敗1分け勝ち点22、2位。



Comments are closed.